スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


高速逆走、半数は高齢者…引き返しやUターンも(読売新聞)

 山口県岩国市の山陽自動車道玖珂―岩国インターチェンジ(IC)間上り線で23日夜、軽自動車が逆走し、運転していた岩国市本郷町本郷、無職増野義雄さん(82)が死亡した。

 警察庁によると、高速道路の逆走事故は2009年に16件(前年比1件増)起きており死亡者は4人(同3人増)。うち10件は65歳以上の高齢ドライバーによる事故だった。東日本・西日本高速道路によると、事故に至らなかったケースも含めると、逆走は08年に701件(同5件増)発生している。

 西日本高速道路によると、高速道路に入る際、インターチェンジ(IC)の料金所通過後にある分岐で、目的地とは違う進入路に入ってしまい、引き返してくるケースが42%と最も多い。さらに本線上まで入ってから目的地とは違う方向に走っていることに気付き、Uターンして逆走したのが36%と続く。サービスエリア(SA)やパーキングエリアで、入り口から本線に逆戻りするケースも22%ある。

 同社によると、逆走事故の47・7%は65歳以上の高齢ドライバーが占め、一般の交通事故で高齢者が占める割合(4・8%)を大幅に上回っているのも特徴だ。ほとんどの場合、勘違いや不注意が原因だという。

 鹿児島市の指宿スカイラインでは今年1月7日、IC付近を逆走した男性(82)の乗用車が2台の乗用車と相次いで衝突、男性は死亡、4人が重軽傷を負った。同18日には、熊本県氷川町の九州自動車道で、軽自動車の78歳女性がSAから本線を約13キロ逆走。女性は高速道を運転している認識すらなかったという。

 逆走事故の多発を受け、西日本高速道路では、管内のICやサービスエリアの出入り口などに約430基のセンサーを設置、逆走を感知すると表示板に「逆走もどれ」などの警告が表示される。また自動車メーカーと連携し、逆走すると車内に音声で警告を出すカーナビゲーションシステムなどの開発も進めている。

 同社の担当者は「道路の安全対策などの整備は進めているが、一番の防止策はドライバー自身が注意を怠らないこと」と話している。

犬種の大半は中東起源=「秋田」は東アジアのオオカミから−国際チームがDNA解析(時事通信)
<給油機接触>燃料130リットル流出 米軍嘉手納基地(毎日新聞)
郵政で閣内不一致、「女性スキャンダル」 鳩山内閣「火だるま状態」(J-CASTニュース)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
貨物船衝突 1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡(毎日新聞)

遅刻「事務方のミス」、総務相が課長ら4人更迭(読売新聞)

 原口総務相は26日までに、国会との連絡・調整を担当する原口亮介官房総務課長ら4人の職員に対し、異動を内示した。発令は4月1日付。

 原口総務相は自身が国会審議で2度遅刻したことについて「事務方のミスだ」などと釈明しており、事実上の更迭とみられる。

 内示を受けたのは、原口課長のほか、国会連絡室長と室員2人。原口課長は情報通信国家戦略局参事官へ異動する。

 これに関連し、原口総務相は26日午前の閣議後の記者会見で、「定期人事異動で、更迭ではない。懲罰的に飛ばしたりということは全く考えていない」と語った。

首相動静(3月24日)(時事通信)
投票先で「みんなの党」がついに10%(産経新聞)
校長室で性的関係…江戸川の区立小前校長を処分へ(読売新聞)
<嵐電>みやびな「京紫」色の車両公開 100周年でお色直し(毎日新聞)
足利事件再審 幕田検事正「改めておわび」(産経新聞)

新薬メーカー54社から受託製造―行政処分受ける大洋薬品高山工場(医療介護CBニュース)

 岐阜県が大洋薬品工業(本社=名古屋市)の高山工場(岐阜県高山市)に対し、薬事法に基づく業務停止命令を出す方針を決めたことを受け、同社は3月19日、行政処分を受けるに至った事実関係を発表した。

 それによると、今回の処分は、同社が製造販売している「ガスポートD錠20ミリグラム」について、昨年9月、「含量規格を外れる製剤」が2ロット(2万8000箱)確認されたことを受けたもの。昨年2月に高山工場で製造され、4―9月に全国の医療機関に出荷。10月末まで自主回収された。

 キャリアブレインの取材に対し、同社は、調合ミスにより含量規格を外れる製剤があることを知りながら、隠ぺい工作を行って出荷したことを認めた。「当時の現場担当者の判断により、出荷試験用サンプリングの際、調合を間違えた2ロットを避けて、別の正しいロットからサンプルを取った」(広報部)という。

 同社によると、高山工場での製造品目数は昨年11月現在で916品目に上り、このうち新薬メーカーからの受託製造品目数は268品目(54社)を占めるが、「その新薬メーカー名や品目名は、守秘義務に触れる部分があるため開示できない」(同)としている。

 大洋薬品は後発品大手4社の一角であるとともに、新薬メーカーからの受託製造大手でもあり、隠ぺい工作の発覚で波紋が広がりそうだ。


【関連記事】
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県
後発品、品質不適は2品目―厚労省が大規模検査
国内後発品大手3社は大幅な増収増益
「テチプリン静注液40mg」の一部製品を自主回収―大洋薬品工業
新たな後発品を続々発売−薬価収載でメーカー各社

<強風>足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)
<名古屋大>4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)
看護師・介護士試験見直しへ=外国人向けに難解語言い換え−長妻厚労相(時事通信)
<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
雑記帳 ランドセル菓子に注文相次ぐ 京都のホテル(毎日新聞)

日弁連 新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫(毎日新聞)

 日本弁護士連合会は18日、会務の取りまとめ役となる事務総長に海渡(かいど)雄一氏(54)=第二東京弁護士会=を就任させると決めた。宇都宮健児・新会長が4月1日に任命し、任期は2年。海渡氏は刑務所の待遇改善活動で知られ、原発差し止め訴訟の住民側代理人やグリーンピースメンバーによる鯨肉窃盗事件の弁護人を務める。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相の夫でもある。

【関連ニュース】
東京地検:弁護士と元妻を8億円脱税で起訴
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
懲戒請求:弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知
日弁連:会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に
詐欺容疑:国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山

<仏像展>会場を変更へ 新潟市長が方針(毎日新聞)
首相動静(3月16日)(時事通信)
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘(産経新聞)
「援デリ」少女、半月で35万円超稼ぐ 経営者ら逮捕(産経新聞)
<大分コンサル脱税>大光など3社に罰金3億円超求刑(毎日新聞)

<訃報>前川八郎さん97歳=プロ野球巨人の最高齢OB(毎日新聞)

 前川八郎さん97歳(まえかわ・はちろう=プロ野球巨人の最高齢OB、元巨人スカウト部長)16日、呼吸不全のため死去。葬儀は未定。国学院大から東京鉄道管理局を経て巨人入り。1936年、巨人が職業野球で初優勝した時のメンバーで、投手や内外野手で活躍した。

<裁判員裁判>父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決(毎日新聞)
普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)
セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る−東大(時事通信)
愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心を痛めています」(読売新聞)
グループホームの防火体制点検を―厚労省(医療介護CBニュース)

【二〇三〇年】エピローグ 「百年後の日本」 選び取る未来 自ら開く道(産経新聞)

 「対面電話」「600人乗り飛行機」「平均寿命125歳」…。336ページに及ぶ旧仮名遣いの活字に「未来」がぎっしり込められていた。今から90年前の大正9(1920)年に雑誌「日本及日本人」が特集した「百年後の日本」。つまり2020年のわが国の未来図である。

 各界の識者350人が「100年後の日本の姿」について寄稿している。

 《郵便と電信はなくなりみな電波にて通信す》

 《女子の大臣もあれば大学総長、次官局長もある》

 《ノーベル賞金をもらった文豪が13人出ている》

 《土地は公有となる》

 ある医学博士は「交通機関の発達と人口増殖は、内外人の雑居雑婚を促進」とつづり、社会のボーダーレス化による国際結婚の増加を的中させた。旧制中学の校長は「人口の増加が停止す」と、わが国が現在直面する人口減少時代を見通していた。

 「日本及日本人」は明治21(1888)年の前身雑誌の創刊から平成16(2004)年の休刊まで、115年間続いた超長寿雑誌である。

 最後の編集長だった出版社社長、村瀬博一さん(66)は「すでに実現した予想もあれば外れたものもある。産業社会の興隆期に特有の科学技術に対する明るい未来像が多い。また、自由に考え発言している様子には大正デモクラシーの一端がうかがえる」と話し、こう続けた。

 「人間は本来、現在よりも未来に懸ける志向があるものだが、日本人はよりその傾向が強い。『日本民族』の未来というものを意識しているからだろうか。自分たちが向かっていく先の姿に、より関心が深いように思える」

 日本人はいつの世も未来を夢見ていた。そうであるはずだった。

 ≪3つの「万博」≫

 今月14日、大阪万博は昭和45(1970)年の開幕から40年を迎える。アジアで初めて開かれ、世界の万博史上空前の延べ6400万人が詰めかけた。

 当時、通産省で万博の企画を手がけた元経済企画庁長官、堺屋太一さん(74)は「大阪万博のテーマは『人類の進歩と調和』、コンセプトは『近代工業社会・日本』と明確だった。観客は『日本も近代工業社会になったんだ』と実感できた」と述べている。

 40年前、未来は明るかった。明日は今日よりよくなると誰もが信じていた。人々は岡本太郎の「太陽の塔」が見下ろす会場へ未来の姿を見に出かけた。アポロ12号が持ち帰った「月の石」に長蛇の列を成し、電電公社が開発した世界初の携帯電話「ワイヤレステレホン」を争って手に取った。

 35年後、平成17(2005)年の愛知万博。テーマは「自然の叡智(えいち)」と大きく変わっていた。総合プロデューサーを務めた環境デザイナー、泉真也さん(79)は「万博は時代や社会を映し出す鏡のようなものだ」としたうえで、こう話した。

 「万博が掲げるテーマもそれぞれの時代の理想を端的に示したものになる。35年の間に、日本社会も地球環境を無視しては成り立たなくなってしまった」

 5月に始まる中国初の上海万博のテーマは「より良い都市、より良い生活」。そこにはかつてわれわれ日本人のものだった無邪気とさえ呼べる明るさがある。未来への単純過ぎるほどの信頼がある。

 ひるがえってわが国の現状はどうか。日本人はもはや未来を夢見るどころか、未来を考えることさえ怖くなってしまった。「未来」を見に行ったはずの大阪万博は、日本人にとってすっかり「過去」の物語になってしまった。

 ≪希望への営み≫

 あなたの20年後を想像してみてください−。連載では、そんな質問を全国のさまざまな立場の人々に問いかけてきた。そこで返ってきた答えは、近未来への数々の「不安」だった。

 派遣労働者の若者は不安定な雇用形態の下、向上心や将来像を持てずにいらだっていた。農村では極度の高齢化の中、人々は「農家崩れたっていいさ」と震えるような文字を刻み込んでいた。

 政治や芸能、スポーツ界では世襲が広がり、低所得層では親から子へと貧困が引き継がれる「格差の世襲」が進んでいた。都市では老朽化する住宅の中で誰にも看取(みと)られず孤独死を遂げる人々がいた。

 一方で、灰色の未来像の中にさえ、かすかな希望を見いだせる人間の営みもあった。自身や社会の将来を思い描くことで不安の正体を明確にし、未来を少しでもよいものにしようと尽くす姿があった。

 数々の「近未来シミュレーション小説」を書いてきた作家、水木楊さん(72)によれば、「未来予測」と「シミュレーション」は似て非なるものだという。

 水木さんは「予測は『未来とはやって来るもの』という前提で立てるものであり、いわば天気予報のようなものだ。これに対し、シミュレーションは『未来とは選ぶもの』という前提で行うものだ」と述べ、こう結んだ。

 「自分の人生でもいい。会社の将来でもいい。いく通りかの未来を描くうちに、選び取るべき未来はおのずから明らかになってくる。とんでもなく暗い未来をバラ色の未来へと変えるために、どうすればいいか道が開けてくる」

 未来を描けるのは人間の特権である。だからこそ、人間だけが未来を選び取れる。未来に懸けられる。

 =完

 (連載は徳光一輝、千葉倫之、大坪玲央が担当しました)

社説検証 朝鮮学校 産経のみ「無償化反対」 教育の中身不問の他紙(産経新聞)
<阿久根市長>賃金未払い 地裁支部が市の口座差し押さえ(毎日新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<政治とカネ>首相、改革強調 自民「責任取ってない」(毎日新聞)
移設問題が影響?米国務次官補、訪日中止(読売新聞)

幻冬舎元局長、懲役4年判決 横領事件、東京地裁(産経新聞)

 出版社「幻冬舎」(東京)の口座から計6120万円を不正に引き出し着服したとして、業務上横領罪に問われた同社の元管理局長、竹本和博被告(44)に東京地裁は15日、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 判決理由で稗田雅洋裁判官は、被告が競馬のために横領を繰り返す一方、自社の経理システムに架空の売掛金を入力して犯行の発覚を防いでいたと指摘。「大胆かつ巧妙で極めて悪質な犯行。刑事責任は重大だ」と述べた。

 判決によると、竹本被告は平成20年10月から21年3月までの間、計34回にわたって幻冬舎の預金口座から計6120万円を引き出し、自分の口座に振り込むなどして着服した。

【言(こと)のついでに】論説委員・清湖口敏 「野」には芽吹きの春が(産経新聞)
<手掌多汗症>手術後異常発汗 さらに2人提訴(毎日新聞)
和歌山のパンダ、中国へ=2年後、繁殖活動に−成田空港(時事通信)
渋谷の路上で首にはさみ刺す クラブでトラブルか(産経新聞)
<三菱自動車>欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに(毎日新聞)

H氏賞に中国出身・田原さん「石の記憶」(読売新聞)

 新人の優れた詩集を顕彰する第60回H氏賞(日本現代詩人会主催)は6日、田原(でんげん)さん(44)の「石の記憶」(思潮社)に決まった。

 田原さんは中国・河南省出身で、1991年に来日。日中2か国語で詩を書き、受賞作は2冊目の日本語詩集となる。

 中堅以上の詩人を対象とする第28回現代詩人賞(同会主催)は高橋睦郎さん(72)の「永遠まで」(思潮社)に決まった。

 賞金各50万円。授賞式は5月23日、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで。

JR大正駅で電車と女性接触(産経新聞)
みんなの党 じわじわと人気…支持率「野党第2党」(毎日新聞)
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言−内閣府の研究機構(時事通信)
普天間移設 社民、国民新が候補地提案 月内に政府案策定(毎日新聞)
コンクリート橋脚 プラスチック繊維で強度増…砂利の代替(毎日新聞)

<枝野行刷相>事業仕分け第2弾、1年生議員もOK(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は7日、長野県茅野市での会合で、事業仕分け第2弾について「1年生議員だからできない種類の仕事ではまったくない。議員になってから短い方が良い部分が必ずあり、そこが特に生かせる仕事だ」と述べた。昨年11月の第1弾では当初14人の新人衆院議員を含む32人が「仕分け人」となる予定だったが、民主党の小沢一郎幹事長が難色を示し、中堅議員7人に縮小した経緯がある。

 枝野氏は「(第1弾では)いろいろな配慮で小沢幹事長が判断されたと思うが、仕分けをサポートする裏部隊として(当選1回で地元選出の)矢崎公二衆院議員にもお手伝いいただきたい」と述べ、新人議員を活用する考えを示した。また枝野氏は、9日に始める各省へのヒアリングは1日6〜8時間程度で2〜3週間続くとの見通しを示した。【仙石恭】

【関連ニュース】
民主党:枝野氏が県連代表を辞任…政務三役との兼任解消
枝野担当相:各省へのヒアリング開始へ 仕分け対象選定で
民主:「七奉行」が会合 参院選に向け意見交換
自民・舛添氏:「谷垣降ろし」や新党結成の可能性に言及
枝野担当相:フリー記者に会見開放へ

日常着は世界に誇る文化 TGCチーフプロデューサー・永谷亜矢子(産経新聞)
元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄−和歌山県警(時事通信)
<JR高円寺駅>男性が転落、はねられる(毎日新聞)
韓国へ捜査員を派遣=東京・新宿の指輪強盗−警視庁(時事通信)
「結婚は不自由…子供持てば一層」埼玉県教育委員長が発言(産経新聞)

北教組献金 小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の陣営が北海道教職員組合(北教組)から総額1600万円の違法な献金を受けたとされる政治資金規正法違反事件で、札幌地検は小林議員に任意の聴取を要請したことが8日分かった。小林議員は聴取に応じるとみられる。札幌地検は、小林議員が北教組からの献金の受領を認識していたのかなどについて説明を求めるとみられる。

 捜査関係者によると、小林陣営の会計責任者、木村美智留容疑者(46)は08年12月〜09年7月の4回、当時の北教組委員長や委員長代理の長田秀樹容疑者(50)から北教組本部の委員長室や小林陣営の選対事務所で計1600万円を受け取ったとされる。

【関連ニュース】
北教組事件:小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」
北教組事件:参院選への影響「ないと言えぬ」連合会長
北教組事件:会計書類一部処分か 地検が捜索、見つからず
北教組事件:木村容疑者「個人的にお願いした資金」と供述
北教組事件:小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で

公益団体の議員兼職で二重基準 小沢氏は例外?(産経新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 夢は世界最高空間(産経新聞)
原口総務相 新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
<自民党>与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
ネイルサロン
探偵
情報商材
カードでお金
selected entries
archives
recent comment
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    カナ (08/28)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    リンデル (01/13)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    サキューン (12/30)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    まろまゆ (12/21)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    ゴンボ (12/18)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    さもはん (11/26)
  • 大相撲観戦、対立組織に結束誇示か…組長が大半(読売新聞)
    XXまるおXX (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM